メールで相談予約 LINEで相談予約

よくあるご質問

よくあるご質問

債務整理について

  • 初回相談の際に準備をしたほうがいいことはありますか。

    借入先、借入金額、初回借入日などをまとめた資料、債権者から送付された書類などをお持ちいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

  • 相談料を支払うためのお金がありません。どうにかなりませんか。

    借金のご相談につきましては、初回の相談料が無料(ただし、法テラスが利用可能な場合を除きます。)ですので、お気軽にご相談ください。

  • 自己破産したいのですが。

    税金などの非免責債権を除き、自己破産の申し立てをすることで、借金について免責されます。ただし、賭博などの免責不許可事由がある場合には、注意が必要ですので、ご相談の際に、詳しくお話をお聞かせください。

  • 任意整理でどれくらい借金を減らすことができますか。

    いわゆる過払い利息がある場合には、債務に充当し、債務額を減らすことが可能です。過払い利息がなく、債務額が減額できない場合でも、毎月の支払額を減額したり、将来利息をカットしたりすることができる場合があります。

  • 取り立ての連絡や訪問が続き夜も眠れません。

    弁護士が代理人となることで、貸金業者からの督促を止めることができますので、ご安心ください。

  • 過払い金請求の相談はできますか?

    可能です。いわゆる過払い利息があり、貸金業者に対して、返還請求ができるほどの過払いがある場合には、実際に、返還請求をすることが可能です。消費者金融だけでなく、信販会社からのキャッシングについても、過払い利息がある場合がありますので、一度、ご相談いただければと思います。

  • 任意整理と自己破産の違いは何ですか?

    任意整理は、各貸金業者と個別に交渉をして、借金の返済条件などについて和解をしていく手続きになります。自己破産は、裁判所に自己破産の申し立てをして、借金について免責を受けるための手続きになります。

  • 任意整理や自己破産を行うことによるデメリットはありますか?

    任意整理によって、信用情報機関に登録され、今後一定期間借り入れができなくなる可能性があります。自己破産の場合も同様に、信用情報機関に登録されるほか、価値のある財産を処分しなければならないなどのデメリットがあります。詳しくは、ご相談の際に、ご説明します。

  • 借金をしている本人でなくても相談できますか?

    可能です。ただし、ご依頼いただく場合には、ご本人からご依頼いただく必要がありますので、同伴でご相談いただいた方がよいでしょう。

  • 個人再生とは何ですか。

    個人再生は、裁判所に申し立てをすることで、債務を減額したり、住宅ローンについてはそのまま支払いながら、その他の借金だけを減額したりすることが可能になる手続きです。

弁護士へのご相談は
お気軽にどうぞ
初回相談料 30分ごとに5,500円(税込)ご来所・お電話・オンラインにて承ります。
tel. 092-555-4392 平日10:00~17:00

※お電話またはメールフォーム・LINEからご予約ください。

TOPへ
戻る